ELEVATOR COMMUNICATIONS ロゴELEVATOR COMMUNICATIONS ロゴ

24時間365日対応 緊急連絡先 0120-496-365

Service

エレベーター
リニューアル

建物設備は日々の使用により機能劣化が進むため、適切なタイミングでの修繕が欠かせません。
国税庁が定めるエレベーターの法定耐用年数は17年。
建築・整備維持協会による計画耐用年数の指針では、20~25年程度とされています。

また、エレベーターで使用する部品は、一般的にはエレベーター製造開始から、
おおよそ25年で部品の供給がなくなるケースが大半です。
部品の供給停止後にエレベーターの故障が発生した場合は迅速な対応が難しくなり、
結果として「長期間エレベーターが使用できない」という事態が起こり得ます。

経年劣化による故障や事故を未然に防ぐため、そしてこのような不測の事態が発生して慌てないためにも、
エレベーターの計画的なエレベーターリニューアルは非常に重要です。

古くなったエレベーターをエレベーターリニューアルすることで安全性が向上する以外にも、
ご利用者様への快適な乗り心地のご提供や、建物自体への印象アップにもつながります。
お客様のご予算やお好みに合ったご提案が可能ですので、ご検討中の方はぜひお気軽にご相談ください。

エレベーターリニューアルの特徴

01 洗練されたデザインの操作盤 画像

洗練されたデザインの
操作盤

エレベーターコミュニケーションズがリニューアルを実施する際には、機能面はもちろんのこと、デザインにもこだわります。
ビルやマンションのエレベーターの操作盤はどれも似たようなデザインで、大きな特色がない製品がほとんどでした。多くの方がご利用するエレベーターの操作盤やドアの印象は、建物のイメージにも関わる大きな部分です。当社では、新たにビルの資産価値を高められるような洗練された操作盤を開発しました。

View More

02 世界の「フジテック」のリニューアルキットでの対応可 画像

世界の「フジテック」の
リニューアルキットでの対応可

フジテックが推進するメンテナンス事業「FIELD i(フィールドアイ)」のアライアンスパートナーである当社では、業界に先駆けてリニューアル事業を展開してきたフジテック製の「リニューアルキット」をお客様にご案内することが可能です。
信頼性の高いメーカー製品を使ったリニューアルを、通常のメーカー価格よりリーズナブルにご提供できるほか、先進のリモートメンテナンスによる地震時の自動復旧サービスもご利用いただけます。

View More

03 資金調達のサポート 画像

資金調達のサポート

エレベーターをリニューアルするのに「多額の費用がかかるのでは?」と不安に思う方もいるでしょう。「そろそろリニューアルしたほうが良い」と理解していても、資金面で実施が困難なケースは珍しくありません。
当社では、身近な価格帯のリニューアルプランをご案内することはもちろん、お客様のご事情に合った資金調達方法もご提案しています。ファイナンスリースやローンのご相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

View More

エレベーターリニューアルによる安全性の強化

洗練されたデザインの操作盤 画像

① 地震時管制運転装置

初期微動(P波)を感知したときに強制的に最寄階に停止させ、ドアが開き、乗客の閉じ込めを防止します。
さらに、本震(S波)を感知したときにはエレベーターを休止し、機器の損傷拡大防止をすることで、早急に復帰させます。
P波感知器動作後、一定時間内にS波感知器が動作しない場合は平常運転に自動復帰します。

  • ② 停電時自動着床装置

    停電時のエレベーターの閉じ込め事故を防止します。
    停電が発生した時には、バッテリー電源に切り替わり、自動的に最寄り階まで運転したのちドアが開きます。

  • ③ 戸開走行保護装置

    エレベーターの制御機器や駆動装置の故障により、ドアが開いた状態でエレベーターが走行するのを防ぎます。ブレーキの二重化、特定距離感知装置、通常使用する制御装置とは独立した制御装置の設置により、戸開走行が原因で起こる、挟まれ事故など人命にかかわる深刻な事故を防ぎます。

  • ④ 耐震対策

    エレベーターの耐震構造を強化することで、地震発生時のエレベーターへの被害を低減できます。これにより、地震発生後の早期復旧や、万が一、エレベーターに人が乗っている場合の迅速な救出対応に繋がります。

エレベーターリニューアル後の保守体制は
24h365日対応

緊急事態がいつ発生するか?予測することは誰にも出来ません。
私たちに出来るのは、高度な対応知識を有するスタッフを24時間365日年中無休の万全なシフトでスタンバイさせ、 お客様の大切なエレベーターが不測の事態となった場合、即座に建物へ駆けつける体制を取っています。

災害時の詳しい対応はこちら

デザイン

操作盤

操作盤は、左記以下のラインナップからお選びいただけます。
ビルの資産価値を高められるような洗練されたこだわりのデザインを複数ご用意しています。

※デザイン変更などはリニューアル工事のオプション項目として選択可能です。

操作盤 画像

ドア

ドアは、以下のラインナップからお選びいただけます。
建物の雰囲気にマッチした色・素材や高級感を演出できるタイプなど、こだわりのデザインを複数ご用意しています。

※デザイン変更などはリニューアル工事のオプション項目として選択可能です。

大理石(黒) 画像

・大理石(黒)・

大理石(白) 画像

・大理石(白)・

深色木目 画像

・深色木目・

浅色木目 画像

・浅色木目・

天井

エレベーターカゴ内の天井の色合いや材質は、以下のラインナップからお選びいただけます。
洗練されたデザインで心地よい空間をつくります。
※デザイン変更などはリニューアル工事のオプション項目として選択可能です。

アーバン 画像

・アーバン・

ナチュラル 画像

・ナチュラル・

フォレスト 画像

・フォレスト・

フラット 画像

・フラット・

フラワー 画像

・フラワー・

ロープ式エレベーターリニューアル

必要最低限の基本的なロープ式エレベーターのリニューアルから、通常よりも安全性を高め、戸開走行保護装置に対応した現在の建築基準法に沿ったプランまで多数のプランをご用意しています。
またそれ以外にもメーカーが部品供給を停止した機種にも対応するなどお客様のニーズに、当社はどこまでも寄り添います。

リニューアルキットはジャパンサミル製、
操作盤はエレコミ製を使用します。
JAPAN SAMIL ELTEC 公式HP

心身のクールダウン等ご利用者様への更なる
快適環境のご提供や、
建物自体への印象アップの一環として、

当社では乗用エレベーターに、夏場でも涼しい
かご内クーラーを無償でおつけいたします。

仕様

基本プラン

  • 巻上機
  • 巻上機ベース・架台
  • 調速機
  • 主ワイヤーロープ
  • ガバナロープ
  • 制御盤一式
  • カゴ内操作盤
  • 各階乗り場操作盤
  • かご上ドア制御ユニット
  • かご上ドア戸開閉モーター
  • 制御ケーブル(かご廻り)
  • 着床センサー装置
  • リミットスイッチ
  • 塔内ピットスイッチ
  • 地震時管制運転装置(S波)

戸開装置用プラン

  • 意匠関連 (かご内天井照明LED化)
  • 停電管制装置
  • 戸開走行保護装置
  • 身障者使用
  • 地震時管制運転装置(P波)
  • 耐震対策

作業風景

油圧式エレベーターリニューアル

大手メーカー系では非対応なことも多い油圧式エレベーターのリニューアルも、当社では標準施工しています。
必要最低限なリニューアルから、通常よりも安全性を高め、戸開走行保護装置に対応した現在の建築基準法に沿った多数なプランをご用意しています。 またそれ以外にもメーカーが部品供給を停止した機種にも対応するなどお客様のニーズに、当社はどこまでも寄り添います。

リニューアルキットはジャパンサミル製、
操作盤はエレコミ製を使用します。
JAPAN SAMIL ELTEC 公式HP

心身のクールダウン等ご利用者様への更なる
快適環境のご提供や、
建物自体への印象アップの一環として、

当社では乗用エレベーターに、夏場でも涼しい
かご内クーラーを無償でおつけいたします。

仕様

基本プラン

  • 油圧ユニット
  • 油圧ユニット架台・配管
  • 作動油
  • 制御盤一式
  • 各階乗り場操作盤
  • かご上ドア戸開閉モーター
  • 着床センサー装置
  • 地震時管制運転装置(S波)
  • 油圧ユニット架台・配管
  • 主ワイヤーロープ
  • かご内操作盤
  • かご上ドア制御ユニット
  • 制御ケーブル(かご廻り)
  • リミットスイッチ・塔内ピットスイッチ

戸開装置用プラン

  • 意匠関連 (かご内天井照明LED化)
  • 停電管制装置
  • 戸開走行保護装置
  • プランジャーパッキン
  • 身障者使用
  • 地震時管制運転装置(P波)
  • 耐震対策

作業風景

フジテック品質のリニューアル

フジテックが推進するメンテナンス事業「FIELD i(フィールドアイ)」のアライアンスパートナーである当社では、フジテックが品質保証する制御システムを使って「メーカー品質のリニューアル」をご提供しています。
既設メーカーによるリニューアルと同等の信頼性をご提供できることが特徴です。

エレベーターリニューアルプロセス

01

状況の確認

最初にお客様先に伺い、サービスマンが機器の状況確認を行います。
リニューアルにあたり、不明点等がございましたらお気軽に
お尋ねください。

矢印 画像

02

お見積り

簡易的なリニューアルの場合、状況確認後のお見積もりは最短2日
お出しできます。お問い合わせ時に状況を詳しくお伝えいただければ、最短1日でのお見積もりも可能です。

矢印 画像

03

発注

お見積もり内容にご納得いただいたら、
ご発注のフェーズに移ります。

矢印 画像

04

工事

ご発注いただき準備が整いましたら、工事がスタートします。
工事中のエレベーターの使用可否や工期などに関するご不明点は、お気軽にお問い合わせください。

矢印 画像

05

完成

工事の全工程が終わり、リニューアルが完了した状態です。
当社では、工事後のアフターメンテナンスにも対応しています。

2週間程度

よくある質問

躯体本体工事を含みますか?

当事は躯体本体工事を含みませんので、建築確認申請は未取得となります。
また現行法には未対応です。

なんでリニューアルしないといけないんですか?

各機器・部材の状況により今後突発故障や劣化交換の必要性が残ります。また、部品供給停止部材が故障した場合、流通が限られているため長期停止の可能性があり、復旧にはリニューアルが必要となります(別紙見積書にて、交換機器参照)

撤去した部分はどうしますか?

撤去した部材につきましては、弊社にて責任をもって廃棄処分致します。また、産業廃棄物管理票(マニフェスト)も保管いたします。

交換したパーツなどの製品保証は何年間ですか?

当リニューアルに伴う機械製品保証は引渡し後、1年間となります。

工期と納期はどのくらいですか?

納期は4か月、制御機器を中心とした制御改修工事の場合の標準工期は6日程度です。(スタンダードプラン)意匠部等を含めた改修の場合は上記に+で工事種別により日数が変動します。

仕入れ先はどこですか?

リニューアルキットはジャパンサミル製を使用しています。